我慢できる自分はかっこいいという気持ち

空腹時にラーメンを食べると死ぬほどおいしく感じるので、お昼にラーメンを食べるからと朝食を抜いたら結構辛かったです。
なんでちゃんと食べておかなかったんだろうとグルグル鳴るお腹を押さえながら思いました。

朝食を食べたとしても、お昼にはお腹も減っていただろうに。それでラーメンを食べていたらこんなに苦しい思いをしなくて済んだだろうにと後悔ばかりしていました。
飢えと真剣に戦っていましたね。そして思いました。私には断食は無理です。

お腹が減ると頭が働かなくなってフラフラし始めるんですよね。
極限状態だなと思いつつラーメン屋さんに到着して、こってりラーメンを食しました。涙が出るほどおいしかったです。

極限まで我慢する癖があるので、こんななんの得にもならないようなことをすぐにやってしまいます。
自分がどこまで我慢ができるのか試してみたいんでしょうね。私は我慢のできない子と言われて育ってきたので、こんな私でもできるんだぞということを見せたいのかもしれません。

この他によくやるのがトイレの我慢です。
こちらもものすごくくだらないことなんですが、忙しいときは極限まで我慢しよう。トイレに行く暇があったらやらなければならないことをこなそうと考えてしまうんです。

非常に働き者のように思えますが一生懸命作業をこなすのではありません。我慢をしている自分に酔っている節があります。
まだだ。まだ頑張れる私ならと死ぬ気で我慢する自分がかっこいいと思うんですよ。本当にしょうもない癖だなと思っています。

ロコシャインとピューレパールの違いと安いのはどっち?